効率よく上質なひかりを作り出す導光板技術

LEDチップが放出する光を効率よく反射・放出し上質なひかりを作り出す導光板技術の仕組み

Xcellentは全ての製品に「TruEdge™LED Coupling」と「MicroLens® optics」という特殊技術を応用したアクリル製の導光板を採用しています。

この2つの技術の組み合わせが、導光板の側面からLEDチップが放出する光を導光板内で効率良く反射・放出することで、不快な眩しさを感じないシルクの様に上質でやわらかな照明光を実現しています。

TruEdge™ LED Coupling
アクリル製の導光板の側面からLEDの光を取り込み、照明光として利用する技術。電球カバー等を使用することで、光の利用効率が低くなってしまう市販のLED電球等に比べ、93%~97%という非常に高い効率性でLEDの光を利用することが可能。
MicroLens® optics
LEDからの光をコントロールするライトガイド技術。導光板の表面に細かなレンズ加工をすることで、導光板の中で照明光をコントロールすることが可能。

特殊技術の採用によりLEDの光がバランスよく反射・放出され、また効率よく光を利用することが可能。不快な眩しさのない高品質な照明光が特徴。

レーザー加工が均一になっているため、光のバランスが悪い。また、LED特有の眩しい照明光の製品が多い。

表面に加工がないため、導光板の表面から十分な光が放出されず、照明としての機能は低い。

寿命の長いLEDをより長くご愛用頂くための放熱設計

白熱電球の約40倍、蛍光灯の約5倍といわれている高寿命のLEDにとって温度の上昇は非常に重要な問題です。

LEDから発せられる熱による温度の上昇は、周辺部品の劣化を起こしLEDの寿命を縮める原因となってしまいます。

XcellentのLED照明は、長寿命のLED照明を少しでも長くご愛用頂けるよう、デザイン性を損なわずに効率よく放熱し、周辺部品の劣化を防ぐ独自の放熱設計を採用しています。